スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年最後の日記かな?! 

05-12-15_21-11.jpg


今年は、音楽的に坂本龍一さんで幕を閉じそうな感じ。

それも、坂本龍一さんのコンサートに夏と冬と今年2度も行ってしまいました。

坂本さんのコンサート夏のコンサートは、環境と反戦を感じるコンサートでしたが、冬のコンサートはピアノだけでひたすらに優しいと感じるコンサートでした。

私が始めて坂本龍一さんのファンになったのはいつだろう・・・。
10歳なので、正直な所27年も坂本龍一さんのファンであり続けていることになります。ある意味恐ろしい年月です。

初めて見た坂本龍一さんは精神的にギリギリなどうも、ナーバスで心が冷たく、何か恐ろしささえ感じるような表情をお持ちでした。

今では癒しなどのムーブメントの火付け役になったり、LOHASのリーダーみたいになっちゃったけど、そんな事は想像もつかない青年でした。

だってなんたって、坂本さん20代ですから・・・。

その後大島渚監督の戦場のメリークリスマスに出た頃から映画や今の坂本龍一さんに近い状態になっていったような気がします。

ちょうど、毎週楽しみに聴いていたNHKのサウンドストリートという番組でしたが、そこには糸井重里氏や、村上龍氏、ピーターバラカン氏なども出演してとってもファミリーな番組でした。そこで戦場のメリークリスマスを紹介した時なんかは、そんな著名な有名人が「ただのホモ映画だ!!!」なんて坂本さんとトークしていたのが記憶に強く残っています。

見ると、全然そんなことなかったし、この映画をきっかけに坂本さんは、音楽でハリウッドの映画音楽も手がけるようになっただろうし、ビートたけしは、北野武として映画監督として世界に羽ばたいたし、今になってみれば大島渚監督は本当にすごく先見の眼を持っていたのだと思ってしまいます。

05-12-15_21-12.jpg


坂本さんが、ドンドン有名になっていくに連れてあまり好きでない時期がありました。とてもチャラチャラと見えて・・・坂本さんの有名な音楽からも何も感じなくなっていきました。だから、坂本さんの音楽を購入する事も無く。ただ、情報だけは耳に入ってきたりして。

ある日、私がたまたま坂本さんと出会う事がありました。あるタイミングで一度だけお話をさせてもらった事があります。でも、こんなにもファンでこんなにも憧れているのに、仕事の関係で接していた為普通の私で接した後で、胸が高鳴った覚えがあります。

だからって、以前ほどの坂本さんへの憧れが強くなったりすることも無く、逆にドンドン遠い存在になっていきました。

それから随分長い間、坂本さんのファンを続けているだけの状態がありましたが、あるタイミングで坂本さんのピアノのCDを耳にすることがあり、そこから再度坂本さんの音が好きになっていきました。

今は、何を言ってもやっぱりピアノは坂本さんだと思えるくらいに大好きです。何故だろう・・・それはやっぱり、坂本さんがとても変わったんでしょうね。何やら人間的に変化した様子が伺えます。

年をとったからだろうか・・・なんでだろう・・・食育という言葉があるけど、LOHASをしているから食生活が変わり、性格まで変わったんでしょうか。なんだろう・・・奥さんである矢野さんとの終止符が打たれ、NYで認知したと言われる彼女との生活が何か新たなものを坂本さんに与えるきっかけになったからか、年老いてから小さな子供を授かってなにか影響を受けたのか。とにかく、人生において大きな変化があったようなそんなピアノの音に私は今回のコンサートですっかり巻かれてしまった。

耳からアノ優しいピアノの音が離れなくなってしまいました。

あんなに冷たく、どこか激しさの残るピアノの音だったのに・・・。
不思議だなぁ~。

とにかく、私がどんなに坂本さんを好きかはまとまりの無い文章からも少しは分かっていただけると思います。

そんな、人生の中でこんなにも坂本龍一さんにほれ込んだのは10歳以来といっていいかもしれません。私の気持ちは10歳の時に逆戻っています。音の影響って何よりも大きいかもしれないです。
スポンサーサイト

[2005/12/29 00:03] diary | TB(0) | コメント(-)

クロスワードパズルは・・・。 

05-11-28_21-15.jpg


クロスワードパズル・・・楽しいですよね。
むかしって今もあるのかもしれないのですが、『WITH』という雑誌にクロスワードパズルが掲載されていてそのクロスワードパズルがしたくって、『WITH』を買っていたことがありましたね。

タテから解いていくか・・・。
ヨコから解いていくか・・・。

私は基本的に歴史が苦手なんですね。
その点主人は超が付くほど歴史好きなんですけど・・・。
そう・・・車でドライブしている時なんて常に場所と歴史の話が始まっていましたね。
最近は、さすがに子供の事で2人して手がいっぱいのなのでそんな話もなくなっちゃいましたけどね。

余談でしたが、歴史の問題が出ると私は全然解けないんですね。
勉強は出来ないタイプであんまり知識がないから(笑)あんまりクロスワードパズルを解けるほど頭本当は良くないくせに、そのマス目を見ると埋めたくなってしまうんですよね。

みんなもそうなのかなぁ~?

私の得意な問題は、なんでもないクイズ。
なぞなぞみたいな。
難しい問題になるとダメ・・・。
国語とか、科学的な問題とか。

バカだなぁ~私って・・・。
つくづく思ってしまいますね。

クロスワードパズルをする時は鉛筆。
以前良くボールペンで書いていたんですが、ボールペンだと間違って書いてしまったのと気に消えなくてグチャグチャになった事があって。
それからは、絶対鉛筆!それに消しゴム。

でも、大好きだったクロスワードパズルも最近は全然してないなぁ~。
クロスワードパズルの雑誌まで最近は出版されていたりするけど、内容を見るとあんまり面白くなかったりするし。

他にも買いたい雑誌がたくさんあるから、そっちが優先だし。

新聞にたまに載っていたりするけど、我が家は新聞をとっていないので、実家に帰った時にさせてもらう・・・。

そうすると、人の声も入らないほどに集中しすぎちゃって、嫌がられる。

そういうところ、男っぽいなぁ~って思ったりする。

私って、集中すると周りが見えなくなっちゃうから、よく言うと集中力があるって事なんだけど、悪く言えば一つの事しか出来ないタイプだからなぁ~。

もっと、そういう部分母親なんだから成長させないとダメだよねぇ~(笑)

[2005/12/20 20:10] diary | TB(0) | コメント(-)

ワインは美味しい? 

05-11-28_21-13.jpg



この間、雑誌を見ていたらワインのページがあった。
それを見て、私はワインが苦手なのを思い出した。

いつから、ワインを飲んでいないんだろう・・・。

私は基本的にお酒が苦手です。

たいていの友達は、私が酒豪だと思っています。
飲めるように見えるからかもしれません。
酔っ払った話をしたからかもしれません。

でも、酔っ払うのは本当はお酒に弱いからだと思います。

昔は、ワインも、日本酒も、ビールも一通り飲んでみました。
その中でもワインは私にとって頭痛の元でした。

私が好きだったワインは格安の『MADONNA』。
白ワインが飲みやすく、よく飲んでいました。

イタリアのワインはドライで、ワインが苦手な私にはダメな味のものがとても多かったのを覚えています。

フランスワインはフルーティーだけど酸味の多い感じの印象があります。それに、フルーツ独特の渋みっていうか、口に残る感じです。
ワイン好きの人は、そういうワイン独特の口当たりみたいな物に惹かれて行くんだろうなぁ~って思うんですが、私はそのワイン好きな人が惹かれる物が好きではないのかもしれません。

その点、ドイツワインは甘みのあるものがとても多いので飲みやすい気がします。甘いとか、辛いとか書いていないときは、甘いワインかドイツワインかどちらかの聞き方をお店の人にしたりします。

ただ、ワインを飲むと相性が悪いらしく、必ずといっても良いほど、頭痛が起こります。

本当に体に合わないんだと思います。

でも、もっと若い頃は、フランス人やイタリア人がカジュアルに普通のグラスにワインを注いで軽くランチをしたりするシーンに憧れていました。なので、そんなシーンを真似るように仕事が休みのときなどは普通のグラスにワインを注いで飲んでみたりしていました。

あんまり美味しいと思わないカマンベールチーズを食べたりして。
そう・・・私はフランスやイタリアに憧れるくせにワインやチーズの良さが分かりません。

それに、フランスパンをかじったりして・・・。

でも、本当は映像の世界で私自身は無理をせず、自分のスタイルを見つけた方が良いんですが、どうも自分のスタイルよりは外的な格好の良さを追い求めていましたね。

若い頃って多分にそういうところがある。
ちなみに、今は殆どそういう事はなくなりました。

ワインを飲まなくなったのは・・・自分に無理をさせないようになったからかもしれません。
自分のスタイルを持てば、そんなに周りに影響される事がなくなりました。
それよりも、自分の体を理解したり、大切にしたりする方が大切だから・・・それに、ワインで頭痛を持ちながら子どもの相手は苦痛すぎますもんね。

ワイン・・・私にとっては憧れだけど、もう必要なくなった憧れかな?
大人びなくてもすっかり大人になっちゃったもんね(笑)

[2005/12/17 22:52] diary | TB(0) | コメント(-)

ブルブル・・・。 

05-12-12_15-19.jpg


タダひたすらに寒い日々がつづいていますよね~。

このひたすらに寒いのは勘弁願いたい!!!
なぜなら単純に肩が凝るからですが、ストーブの前からも離れられません!!!

ところで、今日で幼稚園が冬休みに入りました。
そして、Xmas会+誕生日会があったのですが、その話は追々・・・。

ココの所というより、子どもが入院して思ったことがあったのですが、主人って私より細かい・・・。

しつけが厳しい!!!と表現しても良いかもしれませんが。
ただ、病気の時まではやり過ぎかもね~って思います。

お薬を自分で飲むのが嫌だったわが子。何とか言い聞かせてやっとのこと、飲み始めたら横で・・・自分でコップを持って飲め!!!って。

やっとの事、人が言い聞かせて飲む気になっているのに、何で全部ぶち壊すのヨ~~~!!!って、私が何度言ったことか・・・主人も学習しろよって感じですが、やっぱり毎回「自分で持って飲め!!!」。

それしか、言えんのか!!!って私がイライラ致しました。

それだけでない・・・。病気の時の食事って大変・・・。
何とか言い聞かせつつ、気分転換させつつ、ちょこっとづつ食べさせていると、「スプーンは自分で持て!!!」

なんで、そんなに細かいのよ~!!!仕方ないでしょう・・・病気なんだから・・・。そんな時くらい優しくしようよ~!!!

それだけでなく、テレビを観ながらの食事はダメ・・・。病院は、退屈でベッドから1歩も降りられないで毎日我慢してるんだから仕方ないでしょう~。

洋服を着替える時も・・・ギャーギャー泣いた時も・・・。
そんな中で毎日私は生活してるのよ~!子どもは自分の思い通りに行かないの!!!

しつけを始めると長い・・・それを聞いていると、私のほうが疲れる。子どもに大人と同じような説明をしても無理なの!!!

途中で、もういい加減にしてよっ、本人も分かってるでしょう~って切らないと終わらない事もしばしば・・・。

どっちがママでどっちがパパか・・・。本当に難しいくらい主人の方が細かい。

確かに分かります!!!1度許すとその後大変だって事も全部!でも、病気の時くらいはせめて少ししつけを棚上げしてもいいんじゃないのかなぁ~。

そのうち、わが子も男の子だしうるさいと嫌がられると思うんだけどなぁ~。ほどほどに手を抜かないと!!!

っていうか・・・私が手を抜きすぎかなぁ~。まあいっか・・・。
でも、肝心な所では怒鳴りまくって占めるところは閉めてますから。

私がオッサンぽいのかなぁ~。それは、みんな頷きそうです・・・。

[2005/12/13 16:36] diary | TB(0) | コメント(-)

人の話を聞かないというのは・・・。 

05-12-03_13-53.jpg


昨日、たまたま夜中までテレビを観ていたら、上沼えみこさんの『今夜はえみぃ~GO!』という番組で円ひろしさんが面白い事を言っていました。

それは、黒沢年男さんが「人の言う事を聞かない人」という事から始まった話だったのだけど、「人の言う事を聞かない人は、前に進める」のだそうです。

そう言えば、私は人の言う事をとにかく聞かないかもしれません。逆に自分が悩んだ時は色んな人に執拗に話をして、自分の色んな問題を勝手に解決していく自分本位な部分があります。ごめんなさい・・・。

だけど、人の言う事を聞かないことで、円ひろしさんのいう前に進んで壁が見えて、更にその先にある目標を確認する事が出来る。だけど、人の話を聞く人は一歩踏み出す前に止めてしまうのだそうです。

私もその人の話を聞かないタイプの代表として(笑)、私が東京で自己満足ながら成功したと思えるのも、人の話を聞かずに、自分の意思を貫いたからかもしれません。それに、前に進む事は得意です。時々後退するけど、前に進んで進んでそれで、たまに暴走して・・・失敗して後退して・・・。そんな人生疲れるって言う人が多いのも事実なんですが(笑)、私はそれでも、そんな生き方しか出来ないので不器用ながらも前に前に進んで行こうと思っています。

ちょうど、その日のもっと早い時間、『金のA様×銀のA様』を観ていた時の事。前の30分番組の頃から大好きだったけど、今回は私と同じ年の女の子が帽子のデザイナーとして、世界的に活躍している話でした。

イギリスを本拠地として、保守的な帽子業界に異国人として入り、独立してフリーのデザイナーになるまでのサクセスストーリー。サクセスストーリーと言えば、聞こえはいいですが、当人の努力と苦労、それに夢に向う信念たるや大変なものだと思いますよ!

私は、何かをするときに絶対に失敗を考えません。もちろん失敗したと感じる期間は何ヶ月にも及ぶ時はあります。それでも、自分の信念は曲げません。曲げた時点で終わるので、ひたすら成功した時の自分の事しか考えません。でも、人がセレブという様な生活は出来なかったけど、マネージャーとしては自分の力を思いっきり発揮出来たと思っています。

私は、そんな自分の人生・・・大変でしんどいけど、もしわが子がどうしても、私と同じように人の話を聞かずに自分の信念を貫きたいくらいの夢があれば、親としてとにかくサポートするつもりでいます。

ある意味・・・その事を考えるから一人っ子じゃないと無理だって考えてしまうのかもしれません。

どうせなら、大きな夢を持っていてほしいなぁ~。でも、私は努力や根気って事が嫌いだったから、子どもには努力を努力と思わない力と、根気強さだけはちゃんと身につけさせないとね!!!(笑)

[2005/12/09 16:25] diary | TB(0) | コメント(-)

最近の私。 

20051204010053.jpg


とにかく、バタバタで過ぎていく毎日ですが、とにかくココ2週間ほど毎日強くなく微妙な頭痛が続き、元気なのか元気でないのか分からない感じです。

多分疲労もあるのでしょうが、そんな事を言っていられません。

この何となく分からないままに今年を乗り切ろうと思っていたりします。

それでも、子どもの幼稚園の12月のXmas会&誕生日会の担当なので準備をしているのですが、何だかやると面白くって欲張ってしまう私がいます。例えば、絵を描くにしても色鉛筆よりも色をハッキリさせたいと思い、数年ぶりに水彩画をしてしまいました。

さらに、帽子を作るのも楽しくって、今は時間さえあれば洋服まで作ってしまおうかしらって考えてしまいます。

何とも久々に楽しいと思えることもあり、そんな作業に思わず没頭してしまうのでした。

楽しいといえば、先日のcoccolo11月のeventで地域のバザーに出店したのですが、それも専門学校時代の友人と2人で出店。色んなお客様とお話が出来たり、専門職の友人から最近の法制度などを聞いて、刺激を受けて更に楽しい思いもちゃんとしています。

子どもとは、今日「ウォレスとグルミット」を観ました。2人とも集中して2人のコメディーが散りばめられたお話に笑ったり、ビックリしたり。ちょっと、ドキドキだったり・・・。子どもとの時間は一緒に絵本を見たり、テレビを見て話したり、ベッドに一緒に横になってカウチるんですが、その状態が一番好き。

そして、ベッドにポロポロお菓子をこぼしながら食べて、一緒にお茶を飲んで・・・。2人で大好き~とかって笑いながら抱き合ったりする時間があれば、昼間に私が怒っていた事も、仕事と育児の間でジレンマに合っていたことも、すっかり忘れる事が出来たりする。子どもはどうか知りませんけど・・・(笑)。それでも、私は何となく子どもと心が通じ合っている気がして、それで十分なんです。

育児をしていて一番不安になるのはやっぱり子どもの心が読めないとき。何に腹を立てているのか、イライラしているのか分からない時が一番不安になるし、親の私まで伝染してイライラしてみたり。そんなのって一番お互いに良くないのに、ついついそんな事になってしまう。で、イライラした私は怒って、子どもが泣きつかれて眠った横顔を見て、ごめんなさいを繰り返す。反省して次に起きた時には思いっきり笑顔を作ってお出迎えするわけですが、やっぱり反省する前に怒らない事が一番イイって思ってる。

親も人間だからね!って言うのが私の逃げ口上。

逃げてもちゃんと戻って子どもと信頼作り出来ていれば合格???合格にしてあげようと、自分に向って一生懸命言い聞かして(笑)。やっぱりそれでも、わが子は可愛い。

子どもを産んでわが子は何て可愛いんだろうって思った。それでなくても、小さい頃は保母さんになりたかったから子ども好きだったのは確かなんだけど、でも今はわが子のお陰でもっともっと子どもたちの良さが分かったかな?!

話はあっちこっちに飛んだけど、そんな最近の私です。
さあ、元気を出して頑張るじょ~!!!

[2005/12/04 01:23] diary | TB(0) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。